BTemplates.com

2014年1月7日火曜日

幸せが足りない・・・と思ったらカレーを食べれば幸せになれるらしい

スポンサーリンク






驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ!!

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係しているのだ。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえるのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

また、同じものばかり食べることはセロトニン分泌を妨げることもわかった。食事が単調になってしまうと『体温調整』がスムーズに行えないため「同じもんばっか食っても幸せじゃねえよ(笑)」という状態になり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、精神バランスが崩れ、ストレスから暴飲暴食やウツの原因となることも判明。




なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。


カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。




みんなの反応

カレー嫌いな俺はストレスたまるな

・冬に気分が滅入るのはこれが減るからとかなんとか

・確かに、カレーを食う時は独特のモチベーションがある

・カレー嫌いとか言うやつは人間として絶対信用しないようにしてる

・この(笑)は何なんだよ

・セロトニンは幸せ物質というよりは精神に作用する神経伝達物質だろ。ドーパミンの親戚。うつ病患者の治療薬にも入ってる。

市販ダメって難易度たけえよ

・香辛料をよく使うインドや韓国、タイのチン長の平均は短い…つまり

・イチローは正しかった・・・?

・腸の状態でセロトニンの放出量が変わるってのは初めて知った。

・私の父は同じ物にハマるのが常だけれども、鬱病に成ったわぁ。

・カレー粉とか入ってるのひとつひとつ見たら普通に薬膳だからな

メンヘラ集めてカレー合宿とか。

・インド人は精神安定してるのか?




***

腸は大事とは良く言いますがセロトニンも関係してるとは〜!!あーめっちゃカレー食べたくなってきた!!市販のルーよりもスパイスから作ったカレーのほうが好き♪



スポンサーリンク

SHARE 

0 件のコメント:

コメントを投稿