BTemplates.com

2014年1月2日木曜日

二度と戻らぬ火星移住、1058人の候補者を選定…候補に日本人10人も

スポンサーリンク





【ワシントン=中島達雄】2025年からの火星移住を目指すオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」は12月30日、約20万人の移住希望者の中から1058人の候補者を選んだと発表した。

この中には、男女5人ずつ計10人の日本人が含まれているという。

今後、医学的な検査や訓練などを経て最終的に24人に絞り込む。25年には最初の4人が火星に住み始め、その後、2年ごとに4人ずつ増やしていく計画だ。移住者は二度と地球に戻らない。地上での訓練や火星に居住している
様子をテレビ放映し、資金を集めていく考えだ。

同財団は2013年4~8月に移住希望者を募集。技術力や安全性を疑問視する声もあったが、世界中から20万2586人が応募した。



・1年後には全員死亡の悪寒 

・悲惨な声が実況されるんですね 

・送り込む先の環境がまったく整ってないのに送り込むっていう話だけが進んでるのが不思議

・まず、火星に行ったと見せかけて地球上で密かに生活するに一票 目的は資金集め詐欺 

・最終的に24人で最初は4人とか最初の2年は何があっても4人で対処しないといけないとか厳しすぎるだろう。

・できるわけがない。物資輸送とかどうすんだ。

・この計画自体は賛成だけど現地の様子を公開するのはやめた方がいい…

・移住って言うより着いたらそこで即死ねって計画じゃ…

・そもそも火星なんて物が本当にあるのかさえ疑わしい

・じゃあ俺は火星の友達に地球人が入植しようとしてるって警告しとくわ

・そもそもどうして「地球には戻らない」という前提なのかが分からない。

・真面目に移住を考えるなら、まずは火星を往復可能な環境を整えてからだろ。




***

ひぃ〜〜〜怖い。最後の24人の中に日本人も選ばれるかな・・・?
これ本当に実現したらすごいニュースだよね。移住様子のテレビ放送は興味あるけど、見てはいけないものを見てしまいそうで怖いな・・・!!!



スポンサーリンク

SHARE 

0 件のコメント:

コメントを投稿