BTemplates.com

2013年4月3日水曜日

芸能人が一般人をいじめる…エゴサーチ非公式リツイートとは?

スポンサーリンク




現実世界だけでなくネット界にも、自分の意見を言う場所がたくさんあり、一般人も芸能人もツイッターやブログをしている人が増えていっています。


芸能人は見知らぬ人に陰口を言われ、有名税と言われ耐えるイメージがありました。


しかし、今は非公式RTで小生意気な一般人を簡単にいじめ返すことができます。そう、ツイッターならね。


たとえばこんな感じで




芸能人様@geinozin


ひどいぽよ>< RT @ippanzin@geinozin デブ!バカ!消えろ!



▲これは自分のアカウントに@つきで来たつぶやきを非公式リツイート(引用)してお返事したものです。 
@ippanzinがデブ!バカ!とつぶやいた人です。@をクリックすればその人のアカウントに飛べます。


こういうふうに芸能人が一般人の悪口を非公式RTすると@ippanzinには、

「geinozinちゃんをバカにすんな!ふざんけんな!」「お前が消えろ!!」と、


@geinozinのフォロワーから総攻撃され、すぐに@ippanzinは、凍結したり色々大変な目にあう事が多いです。

人気者の人ほどリプを見てないような気がしますが、じつはしっかり見ているみたいです。

軽い気持ちで芸能人にリプを送るのはひどい事を言うはやめましょう!
その人の事も自分の事も傷つける行為です。



しかし…リプじゃないからといって何でも言いわけじゃありません。






芸能人様@geinozin

 ガーンΣ;; RT @ippanzin 今、芸能人さんがTV出てたけど、この人嫌い。


▲これは自分の名前を検索して非公式RTしたものです。こういった自分の名前を検索することをエゴサーチと言います。

本人に@をつけなくても、名前を出せば見られる可能性が大きいです。エゴサーチする芸能人は、けっこういるみたいです。



「苦手なら、絡んでくるなよ!」「じゃあ見んな!近寄るな!」と、絡まれた立場なのに、絡んでくるなと芸能人のフォロワーに攻撃される事があります。


いじめっ子はいじめてる意識がない。と某有名女優が言っていましたが、おそらく非公式RTすることに、本人はいじめの意識はないでしょう。

私には自分のフォロワーの多さとファンの多さを味方にしたネットいじめに見えます。

ネット上に公開すれば、それは世界中の人が見ることができます。

だからといって影響力ある人が何でもかんでも非公式RTしていいのでしょうか?


芸能人に絡まれたくない人、芸能人やそのフォロワーと意見交換したくないはツイッターに芸能人の事をかくのは控えましょう。


もしツイッターに芸能人の事を書くとしたら「尊敬します」「同意です」「素敵です」「可愛い」「かっこいい」などほめ言葉にしましょう。


なんたって天下無敵の芸能人様様様様です。神と同じです。不平不満を言わない褒め言葉が飛び交う世界が、神の望んでいるネット世界なんでしょう。




ところで私は奈良美智さんのRTの仕方が好きです。



同じく非公式RTなんだけど@は消してるから見やすいです。

最初はなんで@を消しているのかわからなかったのですが、リプくれたファンに迷惑かけないためかなと勝手に思っています。一般人以外の非公式RTでは通常通り@つけています。

「」内を検索したらつぶやきが出てきてその人のアカウントまでいけるけど@つきの非公式RTと比べればアカウントへのアクセスが少なそうな方法だと思います。



こういう思いやりって素敵ですね。奈良さんは世界的画家であり、芸能人ではないですが、9万人フォロワーがいるので紹介しました。




スポンサーリンク

SHARE 

1 件のコメント:

  1. 同感です。
    実際、女性ファンが男性タレントから暴言を吐かれている場面をみました。
    公開いじめの様で見ていて不愉快でした。

    返信削除